【台湾】ブログに妻の殺人予告→殺害

  • Day:2012.03.01 12:00
  • Cat:犯罪

台湾から殺人のニュース。
日本でblogで殺人予告と言えば大抵の顛末はアホが見せしめに、逮捕されておしまい。だがこのニュースでは予告が実行された。しかも殺した相手は自分の妻だ。

殺人犯 王敬熙は83歳のエンジニア、殺された妻は79歳の元大学教授。二人の子どもは、アメリカで暮らしてる。
絵に描いたような豊かな老後だったが、妻はパーキンソン病を発病した。しかも更に骨盤を骨折してしまい、重度の介護が必要となった。

2010年の終わり頃のある日、王敬熙はブログに妻を安楽死させるつもりで、妻もそれを望んでいると、書き込んだ。

その一ヶ月後、王敬熙は妻に夕食後の薬と一緒に強力な睡眠薬を飲ませた。そして眠った妻の頭にドライバーを金槌で打ち込んで殺した。それを、ドライバーが頭に突き刺さった妻の死体、をしばらくソファーに座って眺めた後、自首した。

現場検証で報道陣に囲まれた王敬熙は、警官が彼に掛けた上着を振り払い報道陣に叫んだ『私は間違った事をしていない、私を隠すような真似をするな!殺した理由はすべてブログに書いてある!!』

現在、警察は動機について捜査中。本当の事は彼にしかわからない、が、頭にドライバーを打ち込むなんて殺し方が愛する妻の最後の何故ふさわしいと思ったのか彼に聞いてみたいね。

彼のブログのURLは「http://city.udn.com/61613/4311221

2011年彼は獄中で死んだ。

スポンサーサイト

Comment

オジイサンの気持ちはわかる。
介護は辛い。高齢ならなおさら。
そしてパーキンソンだと、もっとなおさら…

きっとドライバーが「?」にさせるんだよね。
  • 2012/03/01 14:45
  • haru
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。